キャビテーションとクルスカの違いについて、どちらの方がおすすめ?

皆さんは美容についてどのくらい気にかけていますか?また、どんな悩みを抱えていますか?多くの方はダイエットに悩みを合変えていると思います。なかなか理想の体型になれない、リバウンドしてしまう、一部分だけ気になるところを痩せたい等多くの悩みがありますよね。そこで今回はそんな悩みを解決してくれるクールスカルプティング、キャビテーションの施術にどんな差があるのか、どちらの施術がおすすめなのかについて解説をしていきます。

クールスカルプティングとは?


クールスカルプティングとは、痩せたい部位に冷却装置のアプリケータをあてることでその部位を冷却し、脂肪細胞そのものを破壊します。破壊した塩生細胞が体外に排出されることに痩せるといった治療方法です。また、施術に痛みがほとんどない、ダウンタイムがない、施術にメスを使わないなどのことから受けやすい施術という面も人気の秘訣となっています。ダウンタイムがほとんど残らないことからばれずにクリニックに通うこともできます。また、施術に痛みがないことから受けやすい施術としても幅広い年齢層の方が施術を受けています。

厚生労働省に認定されている施術内容でもあり、多くの方がクリニックに通い、施術を受けている人気な治療でもあります。それでは、クールスカルプティングにはどのような効果があるのかについて詳しく解説していきます。

クールスカルプティングの効果

クールスカルプティングの効果、その原理について解説をしていきます。クールスカルプティングの効果は冷却をすることで脂肪細胞そのものを破壊することが大きな特徴です。そもそも太る原因とは、体の中にある脂肪細胞が膨張することにより体が太る仕組みです。その脂肪細胞そのものを破壊するので、リバウンドの確率が著しく下がるのです。

脂肪細胞が体外に排出されるまでに2~4か月かかりますが効果はかなり期待できるので、時間の代わりに確実な効果を得ることができますよ。

キャビテーションとは?


キャビテーションとは、【空洞現象】という意味を持ちます。美容のキャビテーションは、クールスカルプティングと同じ脂肪細胞自体を破壊する施術です。しかし、クールスカルプティングとは破壊方法が違います。クールスカルプティングが冷却による脂肪細胞の破壊に対し、キャビテーションは超音波で脂肪細胞を破壊します。キャビテーションもクールスカルプティングと同じく施術に痛みがなく非常に受けやすい施術です。

また、キャビテーションの施術はセルライトにも効果があります。普段、自分の力でなかなか落とせないセルライトなども落とせるキャビテーションはどのような原理で効果を発揮しているのでしょうか?詳しく解説をしていきます。

キャビテーションの効果

キャビテーションは超音波を使用して脂肪細胞やセルライトに効果を発揮しています。その効果を1つずつ説明していきます。

専用の超音波を発生させる装置を痩せたい部位にあてます。その超音波は体内の水分に気泡を生み出す効果を持っています。その気泡がはじけるときに、脂肪細胞も合わせて破壊するエネルギーを持っているのです。気泡がはじけるときに脂肪細胞が破壊されることでその部位が痩せ、また痩せにくい身体となるという仕組みです。

壊れた脂肪細胞は血中に溶けていき、リンパ管や血管を通って体外へ排出されていきます。

この効果はセルライトにも効果があり、同時にセルライトにも効きますので合わせて効果を得ることができます。また、キャビテーションは短期集中型の施術のため、素早く効果を得ることができるのが魅力ですよ。

家庭用キャビテーションもある

キャビテーションは家庭で治療ができるものもあります。クリニックでつかうものよりもちろん効果は落ちるのですが、クリニックで通わずとも自宅ですこしずつ治療することができることも魅力の一つとなっています。

値段平均は3~4万円のものが一般的であり、浴室で使用できるものなど、自宅で使うならではの機能も搭載されているものも多く、使いやすいキャビテーションが多いですよ。

クールスカルプティングとキャビテーションはどちらがおすすめ?

脂肪細胞を破壊するという効果は同じ

まず、クールスカルプティングもキャビテーションも効果自体については脂肪細胞を破壊するという点で効果は同じです。破壊方法が違うだけであり、得れる効果にほとんど差はないので効果自体での優劣はつけにくいと言えるでしょう。

口コミや評価を見てもやはりどちらの施術の口コミも評価は非常に高く、どちらの方が効果があるなどという声もないので効果面でおすすめの施術を決めることはできないでしょう。

効果の速度性に違いがある

続いての比較面は高価の速度性です。ここは差があります。キャビテーションとクールスカルプティングでは、キャビテーションの施術に即効性があるものに対して、クールスカルプティングは平均2か月ほど効果に時間がかかります。

それではなぜこの効果の速度に差があるのかについてです。それは、破壊した脂肪細胞を体外に排出する方法に差があります。クールスカルプティングもキャビテーションも破壊された脂肪細胞は老廃物となり、体外に出ていくのですが、クールスカルプティングが体外に脂肪細胞を運ぶまでに1~2か月に対し、キャビテーションは血管を通って体外に向かうので即効性があります。

そのため、効果の即効性でのみ比較した場合はクールスカルプティングに比べ、キャビテーションの方が効果があると言えるでしょう。

注意!即効性にはデメリットも

注意していただきたいことは、キャビテーションの即効性はメリットだけではありません。即効性が高い代わりに、脂肪細胞をろ過するために使われる肝臓、腎臓を傷めやすいです。そのため、肝臓や腎臓が弱い方はキャビテーションを使用した場合肝臓、腎臓に大きなダメージが起きるかもしれないことを覚えておきましょう。

コスト比較

続いてはコストの比較です。クールスカルプティングが1回につき平均20000円~の施術料金に対し、キャビテーションの一回あたりの平均価格は12000円~が一般的な料金になっています。また、一回の施術完了までにかかる施術回数の平均はクールスカルプティングが5回~となっており、キャビテーションは1~2回程度となっています。

そのため、コスト比較をした場合はキャビテーションの方が安く施術を受けることができると言えます。しかし注意してほしいことが、クールスカルプティングは、施術が完結したものであるのに対し、キャビテーションは、キャビテーションの施術の後にハンドマッサージやラジオ波などの追加での治療を行うことで効果を発揮するものなので一概に施術料金以外の面も加味するとそこまで大きな差が出ない場合があります。

効果の利く脂肪が違う

続いての比較対象は効果を発揮する部位です。クールスカルプティングはお肉が柔らかい人、脂肪が柔らかい人に適している施術と言われています。それに対し、キャビテーションはセルライトや脂肪が固く、なかなか取れない人に向いている施術と言われています。

この比較結果のようにクールスカルプティング、キャビテーションの効果を発揮する部位が違うため、皮下脂肪が柔らかい方にはクールスカルプティングがおすすめ、皮下脂肪が固い、セルライトが固い方にはキャビテーションがおすすめであるといわれています。

比較結果まとめ

ここまでの比較結果をまとめてみましょう。

結果
結論としてはクールスカルプティング、キャビテーションどちらにも良いところがあり、どちらかに優劣はつけれないようになっています。そのため自分に合った治療方法を選ぶことでおすすえの治療法と呼べるでしょう。結婚式の予定が入った、1か月後の旅行までに痩せたいなどと即効性を求める痩身治療の場合はキャビテーションがおすすめ施術になります。皮下脂肪が柔らかく、長い時間をかけてでも確実に脂肪を減らしたい方にはクールスカルプティングがおすすめの施術となります。自分に合った施術方法がおすすめの施術と言えますよ。

まとめ

クールスカルプティングとキャビテーションを比較してみましたがいかがだったでしょうか?どちらも適材適所であり、どちらがおすすめというよりは、一人ひとりの体に合った施術があるため自分に合った施術を選ぶことが大切です。

また、コスト面、施術効果ばかりに気を取られてデメリットを忘れていたら自分の身体にあっていない施術を選んでしまうかもしれません。そういったメリット、デメリットどちらもしっかりと確認したうえで施術方法を決めることが正しい治療法を選択する上でとても重要だと思いますよ。クリニックの先生に自分の身体の悩み、理想の体型などを説明すると、経験と知識が豊富なクリニックの先生が必ずあなたに合った最善の施術、治療法を教えてくれます。まずは、クールスカルプティング、キャビテーションの違いをしっかり認識したうえでクリニックに足を運んでみましょう。